とんこつスープ(ラーメン編)

先日作った、とんこつスープを使ってみましょう。

もにょもにょと表面に浮いているのは脂分。温めればとけるのでこのままにしておきます。

 

まずは、一日たって冷ましたスープを温めます。

が、その前に、すぐ使わない分はペットボトルに入れて日付を書いて保存。

冷凍しておけば三ヶ月ほど持つそうです。

 

具材として、きざみねぎ。

とんこつスープには、ねぎの青いところが合いそうな予感。

 

とんこつスープには、ゆでもやしとキャベツが合いそうな経験。

 

さて、麺をゆでます。

 

スープにしょう油をたらして、麺と具材を乗っけて、

いただきます。

まずは青ねぎから。

前回はコショウだったので、今回は七味をふってみます。

やっぱりねぎはむちゃくちゃ合うー。

七味をすこしちらすと、風味が広がるー。

ところでなぜか豚関係の汁物には七味が合う気がしますよね。

 

 

続いて、キャベツもやし。

麺とスープと野菜を同時に食べると、すごく野菜の甘みを感じる!

特にもやし。もやしだけのとんこつラーメンでもいいぐらい、もやしがおいしい! おいしい!!

もやし、一袋じゃたりなかった。

今回、麺も三種類準備していたのですが、あっというまに食べきってしまいました。

ごちそうさまでした。

 

 

シマハチ絵日記まんがの

第42回 シマハチのとんこつスープ(料理編)

のお話です。

お手すきの際にでも、どうぞ。

 

シマハチ本CM『カレーラーメン食べ歩き!に、ならなかった本 改訂版』

 

今回は、一番人気のシマハチの本『カレーラーメン食べ歩き!に、ならなかった本』をごしょうかいします。


まさかの企画倒れ本。
なつかしのカレーラーメンを求めて、シマシマとハチが食べ歩きをする予定でした! が! 事態は思わぬ方向に!?


ラーメン屋さんの食べ歩きはほんのちょっと! あとは、思い出の味を求めて、カップカレーラーメンを食べ比べたり、インスタントラーメンにカレーをかけてみたり。シマハチが最後にたどり着いたカレーラーメンとは……!?

番外編「シマハチラーメン道」も収録。


2012年4月発行の自家プリント版を加筆修正した、少しだけ改訂版です。

タイトル:『カレーラーメン食べ歩き!に、ならなかった本』改訂版
著者  :琴西 東 (金星灯百貨店)
発行年月:改訂版 2013年11月
サイズ :A5縦型
ページ数:本文48ページ
印  刷:オンデマンド印刷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はお肉の日

肉好きのシマシマのために、肉の日にかたまり肉を焼きます。

 

 

まずは下処理。

砂糖(てんさい糖)と塩をすりこみ、

 

 

しょうがと玉ねぎをすりおろして、

 

 

日本酒としょう油をもみこんで、

 

 

袋に入れてしばらく冷蔵庫で寝かせます。

たまにひっくり返しましょう。

 

 

 

 

 

こちらがしばらく寝かせたもの、

 

 

つけダレをぬぐって、オーブンで焼きます。

1kgくらいある肉かたまりですので、温度を上げすぎないようにして、じっくり中まで火を通します。

 

 

たまに様子見。

もうちょいだった。

 

 

火が通ったら、つけダレをかけて高めの温度で焦げ目を付けてゆきます。

このへんはお好みで。

 

 

完成!

 

 

いただきます。

お好きな厚さに切って、かぶりつきます。

 

 

つけダレの味がしっかりとしみこんで、うまいー。

 

 

すりおろし玉ねぎでお肉やわらかー。


 

今夜はビールで、肉祭り!!!